商品紹介



茄子のよいち漬 237円〜4,320円

 茄子のよいち漬は、小茄子のこうじ漬(糀漬)です。よくお問い合わせがあるのですが、酒かすや味噌、からし漬ではありません。
 大人の親指よりやや大きい程度の小茄子を、しょう油を基本とした漬け液に漬け込んだ後、さらに糀に漬けた物です。二つの味が交じり合い、絶妙な甘辛さとなっております。
 ご自宅用の小袋から、ご贈答用商品まで各種ございます。
 詳しくはネットショップをご覧ください。

 ・茄子のよいち漬の特徴
 今日、日本の伝統食品である醤油は、世界的に知られる日本の特色ある食品として存在しています。
 長い時間をかけた発酵と言う自然の不思議な作用によって、旨味とコクのある薫り高い液体が生み出されます。
 弊社は、この糀菌の働きに注目しました。
 醤油を醸造していくなかで、重要な役割を果たしているのが糀菌です。糀菌は、増殖していく過程でブドウ糖、アミノ酸、ビタミンなどの栄養源を獲得するために、多種多様の酵素を大量に発生させます。この酵素の働きによって、デンプンをグリコースに分解する「アミラーゼ」、タンパク質をアミノ酸やペプチドに分解する「プロテアーゼ」、脂肪をグリセリンと脂肪酸に分解する「リバーゼ」、タンニンを分解する「タンナーゼ」、繊維を分解する「セルラーゼ」などを作り出します。
 この糀菌の作り出した酵素が働きはじめ、ゆっくりと発酵、熟成していき、大豆のたんぱく質をアミノ酸に、小麦のデンプンを糖分に変えていきます。よいち漬の旨味のもとは、このアミノ酸です。
 さらに乳酸菌のおいしさを、酵母が香りを生み出し、調和のとれた状態で独特の旨味を引き出してくれます。

 これが、よいち漬の基本となっています。

矢切の渡し漬 194〜540円

 花びらがしおれて落ち切らない頃に収穫した小さな胡瓜を、渡し船に見立て、こうじ漬にした物です。こうじ特有の甘さ、きゅうりの食感をお楽しみいただけます。

 

あじさいの寺 226円、486円

 スライスしたしょうがを、あじさいの花びらに見立て、こうじ漬にした物です。しょうが独特の辛味と食感をお楽しみいただけます。


トップページ 会社概要 商品紹介 店舗紹介 お問い合わせ

↑ ページの上部へ

SIDE MENU

那須与一(なすのよいち)公って?


那須与一公ってどんな人?

お問い合わせ

〒271-0092
千葉県松戸市松戸2000
合資会社 島村俊商店
TEL:047-368-4141
FAX:047-368-4870
info@yoichi.co.jp